株式投資で大事なことは自分の投資スタイルを決めることです

イッカク流株式投資は投資スタイルを決めることから

何にでも自分に合ったスタイルというものがあります。
例えば野球の選手には、それぞれの個性に合ったバットスウィングがあります。
他のスポーツでも同じで、自分のスタイルを持っている人が実力を伸ばすことができるのです。
株式投資も同じで、自分の投資スタイルを持つというのが大事です。

株式投資の2つのスタイル

株式投資には大きく分けると2つのスタイルがあります。
1つはデイトレード、もう1つは中長期投資です。

デイトレードとは?

デイトレードというのは時々刻々と変化する株価を見守りながら、即断即決で売り買いをするやり方です。
これは常にパソコン画面を見つめて相場の変化を見続ける必要があります。
そして株の上げ下げが非常に大きい銘柄を選ぶことになるので、ハイリスクハイリターンになります。
大きく儲けることができる反面、一挙に損する可能性もあるのです。
株のプロの人が主にやるスタイルで、一般の人には向いていないと言われています。

中長期投資とは?

中長期投資というのは、一日の株式の動きで影響を受けにくく、長い目で見て投資をするスタイルです。
そのため堅実な銘柄を選ぶことになるので、大きな儲けが出ない反面、大きな損失も出ないのです。
具体的にいうと、成長している企業の株や安定的に高配当を出している株を選んで投資することになります。
また、現状の株価から見て割安と思われる株を買って先行投資するというやり方もあります。
中長期投資のスタイルなら一日中パソコンに張り付いている必要はありませんし、別に仕事をしながらやることができるのです。
もしこれから株式投資をやろうと思っている人は、デイトレードよりも中長期投資のスタイルを選ぶべきです。
ハイリスクハイリターンより着実に資産を増やすというのが、資産運用の基本です。