個人投資家が注目している株式投資の手法

リスク管理=分散投資のすすめ

北極圏のイナリ湖のオーロラNISAなどのお得な制度が導入されたので、個人投資家が以前よりも株式投資に興味を持っています。
しかし投資にはリスクがあるので、できるだけ値下がりしない銘柄を選ぶなど、創意工夫が求められています。
特にリスクを軽減したいときには、複数の銘柄に分散投資を行うのが基本です。
その場合には銘柄を分散させるだけではなくて、業種も分散させることで、より一層安定して資産運用が行えます。

個人投資家は日々、勉強している

そのために最近の個人投資家は、製薬業界や通信業界や運輸業界など、様々な銘柄に積極的に投資を行っています。
また株式投資を行う人たちには高齢者やサラリーマンも多いので、じっくりと保有するスタイルが最近のトレンドです。
そのために業績が安定しており、同じ業界の中の一番手の企業への投資を行う傾向も強いです。

個人投資家は株主優待&配当にも注目している

そして楽しみながら株式を購入したいと考える人も多く、特に配当利回りの高さと株主優待に注目するのが一般的です。
特に預貯金金利が低い中で、2パーセント以上の配当利回りが期待できる銘柄は大人気です。
更に実用的な株主優待がもらえる銘柄であれば、配当と合わせて実質的な利回りを5パーセント以上にすることもできます。

人気の株主優待は商品券とチケット、割引き

特に株主優待の中でも注目されているのが、商品券や各種チケットです。
その中でも地元の鉄道会社の株式であれば、日常的に使える電車の乗車券がもらえる点が魅力的です。
また飲食店であれば、無料の食事券や割引券などももらうことができます。
一方で少額で分散投資を行いたいと考える人たちの間では、ETFへの投資も注目されています。
ETFであれば国内外の株式などの株価指数や通信株の指数などに連動する銘柄もあり、1万円前後から分散投資をすることができます。